発達障害、学習障害、多動・不注意、ASD、アスペルガー障害、不登校  
                NPO法人 SKCキッズカレッジ  
                                      

   研究活動

 最近の研究動向およびトピックス
 発達障害と特別支援教育    生活基本漢字381字  
   読み書き障害    
     算数障害  
 アスペルガー症候群   USA LD in 2011     
  NCLD  The State of Learning Disabilities 2014    リビングコラム 一覧GO
 
以下では、SKCキッズカレッジスタッフや関係者の研究動向および関連するトピックスを取り上げます。
   
 2019年  
著書
〇窪島務:発達障害の教育学-「安心と自尊心」にもとずく学習障害理解と教育指導、文理閣、2019年1月20日

 
 2018年  
論文
〇窪島務:NPO法人滋賀大キッズカレッジ学習室の理念と実践. 総合リハビリテーション。第46巻第4号,2018年4月10日, 329-332
学会発表
〇深川美也子
 LD学会ポスター発表
 
 2017年  
SNE学会(埼玉大会)に参加しました。
 ラウンドテーブル

〇教育科学研究会に参加しました。
教育講座①
(8月10日)
子どものつまづきはどこから:子どもの躓きの原因は教師の授業力にあるのか?子どもの額種の現実からその原因を探ります。 担当:窪島務
 
 2016年  
論文
〇久保田あや子・堀口真理子・窪島務:青年前期の発達障害者の特徴と教育課題-滋賀大キッズカレッジ学習室生徒の高校入学前後の変化、滋賀大学教育学部紀要第25巻、2017.3
〇石垣雅也・窪島務:担任ができる実践研究の可能性についての予備的考察-「学習感想」を活用した「子どもの声を聴く」実践研究を通して-,滋賀大学教育学部紀要第25巻 2017.3
 
学会活動
SNE学会(金沢大会)
自由研究
〇久保田璨子・堀口真理子:発達障害ある人の青年前期における飛躍的発達の事実について(報告1)-保護者へのインタビューとアンケートを通じて-

〇深川美也子幼児の音韻意識の発達とひらがな読み習得の関係
〇深川育実・窪島務:正しく書かれた漢字に隠された書字の困難 ―読み書き障害児における漢字書字困難の特徴―
 
   
 2015年   スピィルバーグ ディスレクシアを告白
     
ここから  (https://www.youtube.com/watch?v=OETxe4Zrn28)
論文 
「H.Aspergerとアスペルガー症候群-アスペルガー症候群理解の前提として-
     滋賀大学教育学部紀要第65号(2015) 101-118, 2016.3
       ⇒ここから
  これまでほとんど触れられてこなかったハンス・アスペルガーの研究方法論、「教育者」としての側面、キー概念としての「教育的なるもの」が明らかにされています。
 
学会発表
SNE学会ラウンドテーブル:滋賀大キッズカレッジの指導理論・方法と発達障害児の発達的変化
   報告はここから  ①企画趣旨②深川提案③堀口提案④久保田提案⑤窪島提案⑥指定討論石垣

SNE学会課題研究提案:ドイツにおけるインクルーシブ教育の現状と課題(窪島)→ 提案資料